投資信託にだまされるな

今日は為替における基本要因についてのお話をしたいと思います。

FXというのは一定額の証拠金を預託して、その25倍もの国際為替を交換できるもののことを指します。

お金の為替相場をジャッジして売りと買いがどちらでもできる単純な方法になっています。

概ね為替取引というのはあらかた外為を指す事がほとんどです。

為替相場を簡潔に言うと※直接現金の送らない場合でもお金の受け渡しの意図を遂げるやり取り※なのです。

外国為替証拠金取引(FX)というものは、二国の貨幣を交換することによりその二つの差し引いた利益を受け取るといったような仕組みになります。

この二種類の貨幣の関係で生み出される儲けをスワップ金利と呼びます。

こうしたFXのスワップ金利(スワップポイント)を得ることが目的で外国為替証拠金取引のトレードをしている方々もいるのです。

スワップポイントは、取引するFX業者によっても異なってくるためわずかでも差益金額が高い取引業者を使いたいものですね。

固定の各銀行の少ししかない利息に頼るよりも、外国為替証拠金取引(FX)は外交的な資産の増加を現実のものとする経済の動きを認識できる商品だと言っても良いでしょう。

外為は二つの国のマネーのやり取りを示します。

時として冷静な状況がわからなくなる危険があります。

それだけに己の頭が客観的な場面で、準備をしておくことが大事です。

“この””準備””とは、”まずは自分だけの物語を作成する事からスタートします。

今からのあの通貨は下がる(または上がる)から豪ドルを買う(あるいは売る)みたいに、あなただけのシナリオを立てていくのだ。

次に時間足チャートを見ましょう。

過去のレートの上下動を見て、もはや買い(または売り)するのが手遅れだなと思ったならば、仕かけないで、その状況ではきっぱりと吹っ切ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です