投資信託とは何か

ここでは為替の市場に関しての基本事柄の説明をしたいと思います。

FX(外国為替証拠金取引)とはいくらかの担保を入金して、25倍もの国際為替を交換可能なやり取りのことを指します。

貨幣の価値を判断して売りと買いがどちらでも可能な単純な仕組みになります。

普段為替取引とは大体外国の為替について表す場合が普通です。

為替を簡潔に説明すると※直にお金の送金しない場合でも資金授受の意図をクリアする取引※です。

外国為替証拠金取引のやり方は両国のお金を交換することによって両者の差額を受け取れるというような仕組みです。

こういった二国の貨幣の関係で出る差益の金額をスワップ金利といっています。

こんなスワップポイント(スワップ金利)を獲得することを目的に、外国為替証拠金取引の為替の取引をやっている人たちもいるみたいです。

スワップポイントは、そのFX業者ごとに違いがあるため少しでもスワップ金利が高い取引業者を使いたいものですね。

あまり変動しないそれぞれの銀行の低い利息を運用することよりも、外国為替証拠金取引というのは外交的な資産増加を現実にする経済情勢を認識せざるを得ない商品であるとも言えます。

外国為替を簡潔にいうと二つの国のマネーの交換をする事です。

時として正しい見方ができなくなる不安があります。

だからこそ己の客観的なうちに正しく事前準備が重要です。

“””事前準備””するためには、”とにかく自分なりのシナリオを作る事から手をつけます。

この先のこの通貨はああだからこの外貨を売る(あるいは買う)みたいに、自分だけの脚本を書いていきます。

その次は為替チャートを確認しましょう。

過去のマーケットの値動きを確認して今さら取引するのが遅いと思ったならばエントリーしないで、この状況ではあきらめることか大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です