投資ファンド

ここでは為替市場についての基本的要素のお話をしたいと思います。

外国為替証拠金取引(FX)というのは一定額の証拠金を託してその金額の25倍もの外国の為替を取り替え可能なものになります。

貨幣の値を見定めて、売買がどっちも可能になっている制度となっています。

日常的に為替相場とはあらかた国際為替を表すというケースが大半です。

為替の市場とは※直にお金の送らないでも資金の受け渡しの望みを達成すること※なのです。

FX(外国為替証拠金取引)では、二国の貨幣をトレードし両方の差し引きした利益を獲得するという方式になります。

両国の貨幣の中で作り出される差をスワップ金利と呼ぶのです。

こんな風なFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利の取得が目当てで、外国為替証拠金取引(FX)の為替トレードをしている方もいます。

スワップ金利はそのFX業者によって異なってくるためできるだけ利益が多い業者でやり取りしたい所です。

決められた銀行の少ししかない利息よりも、FXは自ら考える資産運用を現実のものとした経済状況を認識せざるを得ない金融商品であろうと言えるでしょう。

外国の為替を簡潔に説明すると二国間のお金の換金を指します。

しっかりとした状況判断ができなくなるリスクがあります。

だからこそ自分自身の頭が論理的な状況できちっと事前準備をしておくことが必要です。

“その””準備””のためには”はじめはあなたのシナリオを作る事から手をつけます。

将来の市場は上がる(または下がる)からランドを売る(あるいは買う)みたいな、あなたなりのストーリー展開を考えていきます。

次に相場をチェックしましょう。

これまでの為替相場の上げ下げを確認して、今さら買い(または売り)するのが遅すぎるなと考えたならば何もしないで、その場面ではすっぱりと吹っ切ることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です