投資ファンド 設立

この度は為替取引についての本質的理由とは何かについてのお話です。

外国為替証拠金取引(FX)というのは自分で決めた額のお金を預託してその額から25倍もの国際為替を取り替えすることができることを指します。

金銭の為替を見定めて売りと買いがどちらもできる明快な仕組みになっています。

よく為替市場はたいてい国際為替について言うという場合が大半です。

為替取引は※直に持ち金の送金をなすことなく金銭のやり取りの趣旨を成し遂げるもの※を指します。

外国為替証拠金取引では二つの異なる国の通貨をトレードしその二つの差し引きした利益を獲得できるといったような流れなのです。

二つの異なる国のお金の中で出てくる利益をスワップ金利と呼んでいます。

こんな風なスワップ金利(スワップポイント)を得ることが目的で、FX(外国為替証拠金取引)の為替トレードをやっている方もたくさんいます。

スワップ金利は取引するFX業者により違いがあるためわずかでもスワップポイントが高い業者を使いたいですよね。

あまり変わらないそれぞれの銀行のわずかな利息よりも、外国為替証拠金取引というのはアグレッシブな資産の管理を現実のものとする経済の変動を認識せざるを得ないものとも言えます。

外国の為替を簡潔にいうと通貨の引き換えのことを言います。

時としてちゃんとした判断が分からなくなる恐れが生じる。

そのために頭の中が冷静な段階で、間違いない準備を進めておくことが必要です。

“その””準備””のためには”何はともあれ己の台本を作成する事からスタートします。

今後のあの通貨はこうだから、NZドルを売買するというふうに台本を書いていきます。

その次は時間足チャートをチェックしよう。

今までの為替レートの上がり下がり調べて今となっては売買するのが遅すぎるなと考えたら仕かけないで、この状況では割り切ることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です