投資ファンド 仕組み

今日は為替相場における基礎的内容に関してのエピソードです。

FX(外国為替証拠金取引)とは決まった金額の金額を預託して、その金額から最大25倍まで為替をトレードするものを言います。

金銭の価値を判断して、売りも買いもどっちでも可能になっている単純な内容なのです。

日常的に為替相場は大体国際の為替について言っているケースが一般的です。

為替というのは※人の手でキャッシュの送金をすることなく金銭授受の趣旨をクリアするもの※を指します。

外国為替証拠金取引では二国の通貨を売買してその差し引きした利益を受け取るといったような手順です。

この両国の金の間で出てくる差額をスワップ金利といっています。

こうした外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)を取得することが目当てで為替トレードをしている方もいるのです。

スワップポイントはそのFX業者によっても異なってくるのでほんの少しでも差益金額が高い業者を使いたいものですね。

決まっている銀行預金のわずかな利子を増やすことよりも、FX(外国為替証拠金取引)はポジティブな資産増加を現実のものとした経済の動きを認識させる商品だと言えます。

外国為替は国と国の金銭の取引を指します。

時としてしっかりとした判断が分からなくなる危険があります。

それだけに自身の頭の中が合理的なうちに、準備を進めておくことが大事です。

“””準備””のためには、”最初は自分のシナリオを考える事から始めます。

これからの相場はああだから、豪ドルを売る(あるいは買う)といったあなたなりの脚本を書いていきます。

次に大切なのは時間足チャートをチェックしましょう。

以前の為替レートの上下動を見定めて、今はもうしかけるのが手遅れだなと考えたら、エントリーしないで、それはすっぱりと割り切ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です