投資バカ

ここでは為替の市場におけるベーシックな要素とは何かについてのエピソードです。

外国為替証拠金取引(FX)とは証拠金を預け入れてそこから最大25倍までの外為をチェンジできることのことを言います。

値を判断して売る側と買う側がどっちもできるような取引しやすい内容です。

通常為替の市場とは大体国際の為替を指すという場合がほとんどです。

為替の市場は※自分で金銭の送金しない場合でも資金授受の行為を達成するやり取り※なのです。

FX(外国為替証拠金取引)は、二つの金を交換することによりそれら通貨の差額を獲得するというような手法となります。

こういった二国のお金の間で作り出される差益金額をスワップ金利と呼びます。

こんな風に外国為替証拠金取引のスワップ金利(スワップポイント)を取得することが目的で為替トレードをやっている人たちもいるらしいです。

スワップポイントは取引するFX業者ごとで違うところがあるためほんの少しでもスワップ金利が高い取引業者を利用したい所です。

決まっている銀行の少ししかない利息を運用することを考えるよりも、FX(外国為替証拠金取引)はアグレッシブな資産管理を現実のものとする経済動向を認識する金融商品であるとも言えるでしょう。

国際為替は貨幣のやり取りを行う事です。

適切な考え方が出来なくなる。

リスクがあります。

だから考えが合理的な時にきちっと準備をしておくことが大切なのだ。

“その””準備””とは、”まずはシナリオを書くことから開始します。

将来のこの通貨は下がる(または上がる)から、NZドルを勝負するみたいに、自分だけのストーリー展開を考えていきます。

次は為替チャートを見ましょう。

為替レートの上下動を見て今はもう売買するのが手遅れだなと感じたならば、仕かけないで、きっぱりと割り切ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です