投資バカ

今日は為替取引におけるベーシックな要素に携わるお話をします。

FXとは自分で決めた額の証拠金を渡してそこから25倍もの外為を売買することができる取引です。

通貨の値打ちを判断して売る側と買う側がどちらもできるシンプルな仕組みになっています。

普段為替の市場というと主に外為について言及するという場合がほとんどです。

為替市場というものは※金の送金をすることなく資金授受の望みを成し遂げるもの※なのです。

FXとは二つの異なる国の通貨を取引して二国の通貨の差し引きした利益を受け取れるというような方策なのです。

このような両国の金の間で出てくる差をスワップ金利といいます。

こうしたFX(外国為替証拠金取引)のスワップポイント(スワップ金利)で儲けることが目当てでFX(外国為替証拠金取引)の為替トレードをする人もたくさんいるようです。

スワップ金利は取引業者それぞれで異なるので可能な限りスワップ金利が高い業者でトレードしたいものですよね。

決められた銀行の少ししかない利息よりも、FXというのは自ら考える資産運用を可能にした経済情勢を意識させる金融商品だろうと言えます。

外為とはマネーの取り替えを指します。

重要な時に適切な見方が出来なくなる。

危険があります。

だから己の考えが理性的な状況で正しく事前準備をしておくことが必要です。

“””事前準備””するためには、”まずは己の筋書きを描くことから手をつけます。

将来の投資状況は上がる(または下がる)から豪ドルをエントリーするというふうに自分なりのシナリオを立てていくのだ。

その次はチャートを調べましょう。

今までのレートの動きをチェックしてすでにしかけるのが間に合わないなと考えたら、それは割り切ることが肝心。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です