投資の王道

ここは為替市場に関する基本理由とは何かについてのお話です。

外国為替証拠金取引(FX)とはいくらかの資産を託して、その25倍もの国際為替を交換可能なものを言います。

値を判別して売る側も買う側も両方できるようになっている作りになっています。

普通為替取引はおおかた国際の為替について言及するという事が大半です。

為替市場とは※自分で持ち金の送らない場合でもお金の受け渡しの行為を為す取引※を示します。

外国為替証拠金取引というのは、二国の貨幣を取引することによってその差益をもらうといった方式です。

このような両国の通貨の関係で出る差をスワップ金利と呼んでいます。

このようにFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)を得ることがねらいで外国為替証拠金取引の為替の取引をしている人たちもいます。

スワップポイントは、取引するFX業者それぞれで違うのでちょっとでも差益の金額が高い取引業者を利用したいと思いますよね。

固定のそれぞれの銀行の低い利息に期待するよりも、FX(外国為替証拠金取引)は自ら考える資産管理を現実のものとする経済状況を意識させるものとも言っても良いでしょう。

外国の為替とは二国間の通貨の引き換えを行う事です。

時には真っ当な判断が出来なくなる危険があります。

それだけに自身の頭の中が論理的な状況で間違いない事前準備が不可欠です。

“””事前準備””するためには、”最初は自分の物語を作成する事からスタートする。

今後のこの通貨はこうだからこの通貨を売る(あるいは買う)といった、あなただけのシナリオを立てていくのだ。

次に大事なのは為替チャートをチェックする事です。

それまでの為替レートの上がり下がり見定めてもはや売買するのが遅すぎるなと感じたならば何もしないで、ここは潔く諦めることが不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です