投手

今回は為替取引というものの基本事柄に関してのエピソードです。

外国為替証拠金取引(FX)というのは決まった額のお金を入金して、その金額から最大25倍まで外国の為替を売買するやり取りです。

お金の価値を判断して、売る方と買う方が両方ともできる明快なルールになっています。

一般的に為替の市場というものは大体国際為替について指すという場合が一般的です。

為替というのは※自分で持ち金の送らない場合でも金銭のやり取りの目的をクリアするやり取り※になります。

FX(外国為替証拠金取引)というものは二つの国のお金を交換することで両方の差額の利益を儲けるというような手法です。

これら二つの異なる国の金の中で生み出される差をスワップ金利と呼ぶのです。

このFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利の獲得が目当てで、FXの取引をしている人たちも多いです。

スワップ金利は取引するFX業者ごとにも違いがあるためほんの少しでも儲けが多い業者を使いたいと思いますよね。

決まっている銀行の高くない利子を貯めるよりも、FX(外国為替証拠金取引)とは積極的な資産の管理を現実のものとした経済を認識させる金融商品と言えるでしょう。

外為を簡潔にいうと両国のお金の取引のことを示します。

時として適切な見方ができなくなる危険があります。

それゆえに自身のメンタルが論理的なうちに間違いない準備をしておくことが大切なのだ。

“””事前準備””とは、”はじめは自分だけのシナリオを作る事から始めます。

これからのこの通貨はこうだから、NZドルを売買するというようにあなただけの筋書きを書いていきます。

次に重要なのは相場をチェックしよう。

それまでの相場の上げ下げを見て、もうエントリーするのが手遅れだなと感じたならば、エントリーしないで、この場面では潔くあきらめることか不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です