投手

為替取引というもののベーシックな内容についてのエピソードです。

外国為替証拠金取引というのは自分で決めた資金を入金して最大25倍もの為替を売買するものを指します。

値打ちを判断して、売る側と買う側が両方ともできるわかりやすいルールになります。

概ね為替とはあらかた外国為替を指す人が一般的です。

為替の市場とは※人の手で金銭の送らない場合でも金銭の受け渡しの趣旨を実現するもの※を言います。

外国為替証拠金取引は、両国の通貨を売り買いすることにより二国の通貨の差引額を受け取れるとの方法となります。

この両国の貨幣の中で出る差益の金額をスワップ金利と呼んでいます。

この外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)の取得をねらいに外国為替証拠金取引の為替取引を行っている人もいるらしいです。

スワップポイントは取引するFX業者によっても異なってくるので可能な限り差益金額が高いFX業者を利用したい所です。

銀行預金の少ししかない利息に期待するよりも、FXというのは外交的な資産増加を現実のものとした経済動向を意識させる商品だと言っても良いでしょう。

国際為替というものは二つの国の金のやり取りを指します。

時々正しい判断が分からなくなる危険があります。

そのためにメンタルが冷静な状況で、間違いない準備をしておくことが必要です。

“””事前準備””するためには、”まずは自分の筋書きを作成する事から行います。

今からの為替相場は上がる(または下がる)から、この通貨をエントリーするというように、あなたなりのストーリー展開を考えていきます。

次に重要なのは時間足チャートを調べましょう。

それまでのマーケットの上がり下がり見極めて、今となっては売買するのがやりようがないと感じたならば、それはきっぱりとあきらめることか大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です